徒然なるままに好き放題書き散らそうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
二度と戻ってこないと僕にも分かった
2006-10-29 Sun 13:06
さて続きです。

ツッコミどころに困らない歌詞だなんて少々なめた発言しちゃいましたが、
実はこの歌詞にはすごいメッセージ性がありました。

曲は外国のものらしいのですが、歌詞は訳したものではなく
改めて日本人が考えたものだそうです。

その人は、『片岡輝』さんという方で、ほかにも『とんでったバナナ』など
数多くの童謡を作詞しています。

実はその片岡さんがグリーングリーンについて語った記事があったので
さっき読んで来ました。

片岡さん曰く
「詞の意味は歌う人が自由に感じてください」とのことで。

パパは戦争に駆り出されたのか、それとも離婚してしまったのか、
そのあたり謎が残ってしまって多少残念ではありますが、
まぁそこまで作詞者に言いきられたら仕方ないでしょう。

とりあえず僕の見解では、この歌が作られている時に、
日本は戦争の真っ直中だったそうで、そこらへんの無情さを歌い綴ったん
じゃないかと思います。

記事の最後に、父との永遠の別れに気付いた子どもが見た、
目の前に広がる地球の息吹きを歌った、僕が大好きになった4番の
歌詞を載せておこうと思います。

その朝パパは出掛けた 遠い旅路へ
二度と戻ってこないと ラララ 僕にも分かった
グリーングリーン 青空にはかかり
グリーングリーン 丘の上には ララ 緑がはえる
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
その時パパが言ったさ 僕を胸に抱き
2006-10-27 Fri 22:32
なぁなぁで生きていてはいけないと、今まで雰囲気だけで知った気になって
いたものを調べてみようと思い立ちました(・ω・)/

そこで!第1回目として今日は『グリーングリーン』について調べてみました!!!

つらく悲しい時にも ラララ 泣くんじゃないと

いきなりで申し訳ないですが、上にある文は2番の歌詞なのです。

なんでラララが出てくるのかと!!!

さらっと「悲しくても泣くなよ」って言ったらいいじゃないか!

しかもこの歌詞はこの記事のタイトルの文の続きで出てきますからね!

なんてツッコミどころに困らない歌詞なのでしょうか。

     ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
マニフェスト!!
2006-10-26 Thu 21:09
一個前の記事で言おうとしてすっかり忘れてました!

もし僕が総理大臣になったらこんなマニフェストを掲げます!

『犯罪者の大半を死刑に!』

最近どうでもいい理由で、大きな事件が起き過ぎな気がします。

そこで!そんな人たちには人権なんて考えていられません!

まずなにで逮捕されたとしても、最初に言い渡される罰を皆死刑にしてしまうのです。

で、動機や手口やその他事件に関わりのあることを調査していって
ドンドンその人に見合った罰の重さまで軽くしていきます。

つまり罰の付け方を、従来のようにゼロから増やしていくのではなく、
100から減らして考えようということなのです。

まぁ実際はそんな罰の付け方ではないだろうし、
僕も死刑で人がバンバン死んでいく国はイヤですけど。
本気で死刑にしたいなんて考えてませんけど。

でも、今この腐った世の中を変えるには
そのくらいの決断が必要なのではないかと思うわけです。

最後に!!

以上の発言は根拠も何もないただの妄想ですので読んでくれた方々は、
まじめに受け取らず雰囲気だけもらってくれれば幸いですm(_ _)m
あしからず。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
もしも私が総理大臣になったら
2006-10-24 Tue 18:55
爆笑問題に最近ハマりつつあります。

別に今まで知らなかったとか、大嫌いだったという訳ではないんです。

むしろ大好きです。
爆笑問題が漫才をやると知れば絶対チャンネルは変えますし、
それどころか、今ではもう懐かしいボキャブラ天国の時からちゃんと知ってます。

というか一応日芸の演技コースを通う僕は、直属の後輩だったりもします。

まぁそれはさておき、今僕の中では改めて爆笑問題がブームになっているのです。

そのキッカケはズバリ!!
『太田光のもしも私が総理大臣だったら………秘書田中』です!

ずっとやっていたのは知っていたのですがなかなか見る機会が無く、
つい先週の放送で初めて拝見いたしました。

なんて見応えのある番組なんだと!!!

ゲストだった女医の西川なんとかさんがあまり好きではなく、
開始直後で早速チャンネルを変えそうになったのですが、
真剣に大人たちが日本の問題にメスを入れて考えをぶつけ合う姿が
僕の興味を絶え間なくかきたてていきました。

そしてそこで埋もれずにセンスある発言をする太田光!

一目で惚れちゃいましたよ。

まぁそこで何も発言が取り上げられなかった田中さんは、
しっかり次のコーナーで頑張って進行&ツッコミをしてたんでお咎め無しで!

なにはともあれ一気に爆笑問題に魅せられた僕は、ブックオフに入る機会を
作っちゃあ爆笑問題の本ばかり探すようになりました。

まだあの番組を見たことが無い人は是非一度!
しゃべり場なんかより100倍は面白いですから(>_<)マジオススメですよ!

それと、誰かオススメの本あったら逆に教えてください。
何買ったらいいのか全然決められないんです(泣)
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
子ギツネのような
2006-10-23 Mon 23:27
鳴き声が自分から聞こえてます。

風邪引いちゃいましたよーーーーー!!!

あぁぁ妙なテンションです。

もう何日もゴホゴホ言ってます。
というか鼻水が止まりません。

鼻炎もあるのですが、それにしても
鼻が壊れた水道みたくなってるのは勘弁してほしいです。

ところで昔どっかで誰かに
『鼻水は脳がダメになった部分が水になったもの』
と聞きました。

今考えてみるとすげぇ不思議な逸話だなと。
むしろちょっと気持ち悪いし(笑)

でも絶対聞いたことある人いると思います!俺だけじゃないはず!

とは言っても俺の中ではこれもう問題では無いのです。

ここまで気にしておいて上のことを無視するのもなんですが、
本当のことのほうがずっと気になって仕方がないのです。

そういうわけで大募集します!
っつか誰かお願いですから教えてください(泣)

こんな爽やかじゃない内容もどうかと思いますが、
鼻水の正体を誰か教えてくださいm(_ _)m

まぁ今日はこんな感じでした。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
様変わりしたね
2006-10-20 Fri 23:40
テンプレート変えてみました。

おかげでプレビューの見過ぎによるカウンター激回転が起こってしまいましたが(笑)

昨日だけカウンターが3桁になってるのはそのためです。

さてさてここで感謝と報告をしなければ!!

まずはFC2ブログの共有テンプレート出品者の010101さんの素敵なお仕事に感謝を!

そう、このテンプレートは010101さんの作ってくれたものなのです!

そして報告!
このテンプレートには実はシークレットムービーが隠されているのです!!

実際に触ってみた人なら分かると思いますが、上の月、ドラッグできます。

そしてそして!
稀に現れるという七色蛍というのが実はいるんです!上のフラッシュムービーには!!!

それをクリックすると……………あとは実際に出会ってのお楽しみです!

そういうことなんで、良かったらいっぱい見に来てください(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
名前がなんぼのもんじゃい
2006-10-19 Thu 00:01
昨日のスチロパール問題に続き、モノの名前のお話です。

ついこの間、人の勧めで金城一紀の『GO』という映画を見ました。

小説に原作がある作品で、いつか読もうとは思ってます。

この作品のテーマは『在日』となっていました。

在日とはつまり、今は日本で暮らしていても、いつかは
母国に帰る人たちを指す言葉です。

でもそんな決めつけや名前付けの区別をどうして簡単にお前ら出来るんだ!!

っていう事を訴えるお話でした。

確かにそうだと思います。

僕らがライオンと言って恐れている存在も、向こうは生きるために当たり前のことを
しているだけだし、ライオンと呼ばれて怖がられていることも関係ない。

人は昔から名付けることでそのモノを知った気になっているといっても
過言ではないはずです。

石は石と呼ばれても、例えばコロと呼ばれても姿も存在も変わりません。

木は人間がなんと名前を付けようと変わらずに生きていくはずです。

それと同じように、人間に国籍や肌の色で仕切りを作っても、
その人たちはそれに関係無く生きていくはずです。

なぜ国や肌の色で区別や差別があるんでしょうか。

なぜその人自身を見てその人を評価しない人がたくさんいるのでしょうか。

まぁ今ではなく歴史的な要素からの差別も存在していますが。

正直こんなブログでそんなことを言ってもなんにもならないでしょうが、
なんか今日はこんな気分だったのです。

昨日の内容もあったしね。

これからもたくさんの人との付き合いが増えていってくれるはずですが、
そういうところに気を付けていける人生であり、世の中になっていくと
素晴らしいなと思いました。

なんだ今日の社会的な記事は!

気持ち悪い!
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
スチロパール
2006-10-17 Tue 18:51
『誰がなんと言おうとスチロパールです』

ついこの間こんな単語を聞きました。

どうやら方言らしいのですが、皆さんは一体なんだと思いますか?

ヒント1:白いものです。

ヒント2:ポロポロ崩れます。

ヒント3:擦るとキュッキュと鳴ります。

さぁ分かった人はどのくらいいるのでしょうか?

さてさて正解は……………

『発砲スチロール』なのです!!!

僕もビックリしました!
まずモノの名前が方言に変化すること自体馴染みがないし!

どうやら長野の方で使われているらしく、商品名なのかもしれませんが
日常会話や配送関係の話題では、当たり前のように利用されてるみたいです。

例 『ゴメン!おまえの分まだスチロパールの中だ!』

皆さんも気が向いたときや、友達に注目されたいときなどに
思い切って使ってみてください!
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
お久しぶり!
2006-10-16 Mon 15:31
20061016153131
と言いたくなるほどの久しぶりな普通の更新をしようかとm(_ _)m

最近うちの日本大学芸術学部、通称『日芸』では
学祭に向けて練習をしまくっています。

また近くにもその話をすると思いますが一応載っけておくと↓

日芸学祭 通称『芸術祭』
11月 3、4、5日の3日間!
所沢校舎で開催されます!
西武新宿線『航空公園駅』、もしくは『東所沢駅』から学バスが出ております。

と言うわけです。

面白おかしいパフォーマンスを目指して頭捻って体動かして頑張ってますので
良かったらおいでくださいませ。

まぁぶっちゃけ言えば記事の内容を決めないで書き始めたので
こんな宣伝で量をかせいでいます。

そしてそれも限界なのでここらへんで終わろうかと。

ちなみに今日の画像は僕のよくわからん小説でお目汚しした
お返しにディズニーのキレイなパレードをプレゼントします(^^;)
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
最後の考察
2006-10-16 Mon 00:25
私の声にかなり驚いたようで、彼は文字通り飛び上がるように体を起こし私を見た。

そりゃあ信じられないだろう。私だってまだいろいろ落ち着いていないのだから。

彼が言っていた通り私は数日間寝込んでいた。CTスキャンまでしたのだが
どこにも異常は見られず、医者も昏睡の原因がつかめなかった。

しかしなぜだかほんの一時間前に私はこれまた文字通り飛び上がるように起き上がった。

そして幸か不幸か病室にはその時誰もいなかったため、とるものもとりあえず
ここまで来たというわけだ。今頃病院は大パニックかもしれない。

でも私はとにかく彼に会いたかったのだ。

申し訳ない気持ちも、怖い気持ちもあったのだが、まずは互いの無事を確認しあいたかったのだ。

まぁ結果としてこんなハチャメチャな再開になってしまったが。

そんなこんなで久しぶりに起きた私は、彼への説法を終えた直後になんとぶっ倒れてしまった。

それからやっとのことで全回復したのは改めて丸3日間入院してからのことだった。

まぁ当たり前と言えば当たり前だが。

ここまでが私と彼の涙と虹についての話である。

レギュラー落ちなどの残念な結果が残ってしまった現実はイナメナイが、
今じゃあ二人とも良い思い出として片付けている。

まぁそれも彼がその後の頑張りで無事卒業後ドラフトで指名(7位)されたからでもあるが。
一応1軍で8番打者をはっている彼は見事夢の職業につけたと言えよう。

私はといえばそんな彼と人生のバッテリーを組んで、順調に主婦なんていうものをやっている。

今日も私は彼の勇士をテレビを通して見守っている。

彼はわりと大事な場面に弱い。

今の試合でもいまいち大事な場面で活躍出来ていない。

どうやら今夜も私の説法が聞きたいようだ。

だから帰ってきてまた一番に言ってやるんだ。

「あんたねぇ、いい加減にしなさいよ!?」

さぁて説法の時間だ。

        ~終~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察6
2006-10-08 Sun 01:07
それはどうでも良かった。

いや、正確には良くなったと言うべきか。

本当は驚かせてやる予定だったのだ。

もちろんそれはこんな困らせてしまうような形ではなく、
ハッピーサプライズとしての予定だった。

しかし彼の話を聞いてどうしても黙っていられなかった。

そうして私は、彼にまたもや説法してしまったのだ。

「あんたねぇいい加減にしなさいよ!?

さっきから黙って聞いてれば、アタシただの変な子みたいじゃないのよ!

いくらアタシでもヤンキーにわざわざケンカふっかけたりするわけないじゃない!
あの時はただナンパされただけだったの!
まぁ確かに『お茶しない?』なんていう古すぎる決まり文句使ってきたから
『そんな昭和に流行ったようなセリフで口説くなんて何考えてんの?!!』
とか言っちゃったのは悪かったと思ってるけどさ!

それから虹は反対側とかじゃなくて、全反射した光がそう見える現象なんだから、
太陽側に出ていく光を見ないといけないの!要するに涙じゃ見えないって言いたかったの。」

彼は私が話している途中信じられないといった表情で振り返ったが、そんなことは気にしなかった。

むしろまだ言わなければならないことがある。

「それから!!
プリムズじゃなくてプリズムだからね!こんなの小学生でも知ってるわょバカ!!!!」

          ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察5
2006-10-08 Sun 00:44
男は語りだした。

「でも多分ヤンキーに絡まれてたの俺の彼女に原因ありそうなんだよ。

あいつ自分が気に食わない事があると、所構わず説法みたいなのする癖あてさ。

俺もこの間レギュラーに入れなかった一年を励ますときに、

『泣きたいときは目一杯泣いたらいい。そのほうが立ち直った時その分
目一杯元気になるもんなんだからな。

それになぁ、たくさん悔しがって泣いた奴には神様がご褒美くれるんだぞ。
涙浮かべて泣いた目で空を見てみろよ。
涙がプリムズになって、目の前には虹が広がって見えるんだ』

って我ながら格好いいことを言ってやった話を聞かしたんだ。

そしたらあいつ

『虹なんて見えるわけないじゃない!!!虹はプリムズの反対側に出来るんだから!』

とかなんとか言ってそのまま虹について一時間くらい喋り出したんだぜ!?

せっかくの良い話が台無しだよ。

多分ヤンキーにもこんな感じでなんかふっかけたんじゃねえかな」

ここだ。

もう少しで全部丸く収まるはずだったのに。

もう少しちゃんと話を覚えていてくれていれば。

こっちにもう少し我慢強さがあったならば。

しかしそれはもうどうでも良かった。

         ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察4
2006-10-07 Sat 23:04
静かだった。
あまりの静かさに声が出せなかった。

いや、正確には静かではないのだ。
部屋にはまだ、聞きなれつつある彼のむせび泣く声が響いていた。

しかし不思議とつらくなくなってきていた。
彼の背中から、もうやりきれなさは見て取れない。

ここまで吐き出させれば、こっちも待っていた甲斐のあるというものだ。

彼の中にはきっと吐き出すべきものが溜まりすぎていたのだ。

突然の殴り合い。
警察沙汰。
彼女の入院。
そしてレギュラー落ち。

全て願ったものではない。
しかし起こるべくして起こってしまったのだ。
原因は確かに彼自身にあるのだ。

怒りに任せて殴っていなければ、
きちんと彼女の顔を見に行けていれば、

きっと今の彼にここまで苦しみが溜まってはいなかっただろう。

そうだ。あと少しなんだ。なんとかこっちが気落ちする前に事は解決しそうだ。

しかしここで、

思いもよらない方向に話が進んでいってしまった。

男が妙なことを語りだしたのだ。

         ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察3
2006-10-04 Wed 00:04
男は泣いていた。

それはだんだん大きな声になり、ついには外にも声が漏れそうなほどになっていた。

そしてゆっくりと喋り出した。

「俺の彼女さ、今入院してるんだ。

ケガはどこにも無かったんだけどさ、
俺が殴りまくってる姿見て、ショックが大きかったみたいで。

もう3日間も眠ったまんまなんだぜ。アイツに合わせる顔がねぇよ。」

それから男はまた泣き始めた。

そしてまた、

ぽつりぽつりと喋り出した。

「まさかこんな風になっちまうとはなぁ。
ここまで一気に話広がっていった時はホントビックリしたよ。

アイツももう俺がレギュラー落ちた事知ってるんだろうなぁ。

でもこれだけは知っておいて欲しいんだ。俺は全くその事で恨むようなことはないって。

顔見せに行ってないのも、ただホントにどんな顔して行ったらいいか分かんないだけなんだから。」

それからかなりの間、教室にはひたすら沈黙が続いた。

それはきっと1分も無かったのだろうが、一時間にも10時間にも感じられるほど長かった。

        ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察2
2006-10-02 Mon 10:03
すると突然、彼は振り向きもせずこう言った。

「…おい。………誰かは知らねぇけどさ。別に慰めなんか欲しくねんだよ。
こんなところ見られたのが誰かも知りたくねぇし。心配して来てくれたなら
そのまま帰ってくれよ。申し訳ねぇけど。
………それにこんなみっともねぇ顔向ける気もないしさ。」

いつもの声ではない。
震えそうになるのを堪えているのだ。

余計にこのまま帰る訳にはいかなくなった。
そんな姿を見せられたら、バッテリー的存在が黙っていられるわけないじゃないか。
そう、初めからそのつもりで今日は来たのだから。

「なぁ頼むよ。どいてくれって。お前何しに来たんだよ。」

喋るわけには行かない。大好きな落語家が言ってたんだ。大事な話を聞き出す
時は、長い間を作れって。そうして相手の気を引けって。

だから喋らずに過ごした。

そして、

そのまま10分が過ぎた。

すると、

部屋に微かに何かが響き始めた。

それは男がすすり泣くだった。

        ~続く~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 放浪紳士の脳内会議 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。